読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き

歌舞伎、着物、その他いろいろ。傾いたり傾かなかったりな出来事あれこれ。

ダブリン② トリニティカレッジと国立考古学・歴史博物館、街歩き

ダブリン2016 Dec

アイルランド最古の大学Trinity College。1592年にエリザベスⅠ世が創設した名門大学です。構内には入れたものの、年末につきOld Libraryは閉館。Old Library所蔵のアイルランドの至宝『ケルズの書』を見ることは叶いませんでしたが、伝統と趣のある大学をぷらぷら歩いてきました。

f:id:beach-village:20170109142510j:plain

キャンパスの中のアーチをくぐると・・・

f:id:beach-village:20170109142843j:plain

やはり建物が重厚で、美しい。由緒正しさが感じられます。

下の写真、右手に見える塔のアーチが、1枚目の写真でくぐったアーチです。右方向から左にくぐりました。

f:id:beach-village:20170109142227j:plain

f:id:beach-village:20170109142616j:plain

f:id:beach-village:20170109142652j:plain

どんよりした空の下でも、緑が眩しい。アイルランドのナショナルカラーは緑。それも「エメラルド・グリーン」。日本の緑とは趣の違う緑ですね。

また、アイルランドの国花は「シャムロック」(三つ葉)だそうで、そういえばエアリンガスの機体にもシャムロックが描かれていました。

 

さて、至宝『ケルズの書』の代わりに、というわけではありませんが、国のお宝を無料で見られる、ということで、国立考古学・歴史博物館にも行ってみました。

街の中心にあって、ふらりと誰でも立ち寄れる、気軽な博物館なのに、お宝満載。中でも目を引いたのは、古代の王様たちが身に着けていた金の首飾りやブローチ、聖杯、短剣など。細かな細工が施されていて豪華絢爛。

f:id:beach-village:20170114144721j:plain

f:id:beach-village:20170114144732j:plain

博物館の建物は1880年代の設計とのことで重厚感があり、天井を見上げると、こんな感じ。

f:id:beach-village:20170114144916j:plain

1日中いても飽きないと思うけど、ふらりと街歩きにも出掛けました。「ダブリンの町」を聞きながら、どうぞ。

www.youtube.com

 

ダブリンの中心、オコネル像。f:id:beach-village:20170114145258j:plain

街歩きで見つけたもの、色々。

f:id:beach-village:20170114145417j:plain

f:id:beach-village:20170114145721j:plain

アイルランドの第一公用語アイルランド語。看板や標識はアイルランド語と英語が併記されています。

f:id:beach-village:20170114145841j:plain

f:id:beach-village:20170114145910j:plain

f:id:beach-village:20170114145926j:plain

f:id:beach-village:20170114150430j:plain

f:id:beach-village:20170114150455j:plain

f:id:beach-village:20170114150645j:plain

f:id:beach-village:20170114150710j:plain

f:id:beach-village:20170114150730j:plain

f:id:beach-village:20170114150756j:plain

に続く】