読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き

歌舞伎、着物、その他いろいろ。傾いたり傾かなかったりな出来事あれこれ。

八月納涼歌舞伎 第三部「怪談乳房榎」

歌舞伎

f:id:beach-village:20150114193343j:plain
八月納涼歌舞伎 第三部「怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)」
2009年8月に勘三郎×福助×橋之助(×亀蔵・・私の好きな役者さん)で見たのに続き、今回2回目は勘九郎×七之助×獅童(×亀蔵)。

ニューヨーク凱旋公演ということで、途中ところどころで役者さん(歌舞伎役者さん!)が、英語でナレーションをしたり、合いの手を入れたり、NY平成中村座の空気も感じられて、2倍楽しい、お得な演目だった。
早変わりは何度見ても度肝を抜かれる。勘九郎、すごいな。いつ変わったのか?衣装はどこにあったのか?どこに消えたのか?次々に展開するQuick ChangesはNYでも大ウケだったに違いない。
Too much waterな滝はreal waterを流していて、かぶりつきの席にはビニールシートが配布され、シートの使い方まで英語で説明がされる。花道での、ちょっとくだけた場面では、英語での会話が続いて、なかなか面白い。
ウチの娘にも見せたかったなあ。子供でも分かりやすいし、歌舞伎初心者が取っつきやすいかも。
それにしても、七之助の美しいこと。上手いしキレイだし、言うことないな。着物での立ち振る舞いも参考になる。あんな粋な雰囲気、身に着けたいなあ。
f:id:beach-village:20150114193353j:plain
幕見に並んでも見たい演目である。かなり満足。