読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き

歌舞伎、着物、その他いろいろ。傾いたり傾かなかったりな出来事あれこれ。

板橋Cityマラソン

荒川河川敷を走ってきた。
スタート前は曇りで風も冷たく、天気予報と違う~と文句言ってたけど、走ってたら晴れてきて暖かくなり、気持ち良く走れて楽しかった~!
結果は4時間51分23秒で無事完走。
以下、ここ1ヶ月の経緯と当日の様子など。

1月の寒い日にハーフを走って、アフターケアをきちんとせずに調子に乗って走っていたら、1月の終わりには階段を降りられないほど膝が悪くなり(腸脛靱帯炎)、騙し騙し生活していたのだけど、にっちもさっちも行かなくなり、2月半ばから近所のS整形外科で本格的に治療を始めた。1ヶ月後の板橋マラソンに出られる可能性は五分五分と言われたけど、毎週月曜日のリハビリと膝へのアルツ(ヒアルロン酸)注射を始めたのでした。
階段を降りられないほど酷い状態だったので、当然練習は当分の間、禁止。とは言っても、全く練習せずに本番ってのも厳しい。2週間お休みした週末、とりあえず走っとこう、と30km走にトライ。25kmぐらいで膝が痛くなったけど、痛みを我慢すれば30km行ける! キロ7分だと痛くない。5分半だと痛い。6分20~30秒ぐらいで走ると、たぶんフル走れそう。と、体感から適当にペース目標を決めた。
翌月曜日に整形外科に行くと、「いきなり30km走ったんですか?!」と半ば呆れられ、ちょっと怒られ、「どんなアスリートでも初めは歩くことから始めるんですよ」と。まあ、そうかも。でも、痛くても走れることが判ったし、出ることに。

膝にヒアルロン酸を注射する治療は5回で終了だけど、4回注射したところで板橋本番に。痛みは完全にはなくならないので、ロコアテープという強めの消炎鎮痛貼付剤を併用。

当日。
数日前から風邪具合が悪く、いつもの麻黄湯を迷ったけど服用。有効成分はエフェドリン。これは興奮剤でありドーピング禁止薬剤である。が、自分はシャラポアではないので良しとした。利尿作用のあるコーヒーは2日前から飲まなかったが、エフェドリンには利尿作用がある。コーヒー断ちは結果として意味がなかった。

案の定、スタート直後から膀胱に溜まってきた感。スタート前に行ったのに、5kmすぎで早々にトイレ。給水&給食サービスが15ヶ所だったらしいけど、ことごとく飲んで食べてしていたから、またトイレ。
膝の調子を鑑みて6分30秒目安に走ったつもりだったけど、10kmすぎから気付いたら6分切ってしまっていてマズイなあ、と、20kmぐらいから6分台に落としたけど、折り返した後、膝が厳しくなってきて25km時点で激痛。走ると痛いから歩いて、落ち着いたと思えば走って。の繰り返し。
膝を悪くしていたので歩く練習もしていたのが吉と出た。9分で歩くことができるって判っていたので、安心して歩き、ときどき走って、結果としてキロ8分ちょいを維持しつつ、サブ5を目安に焦らずゴール。膝、完全に逝ってしまったけど、サブ5達成。
楽しみにしていた、フィニッシュ地点のシャーベットステーションには長蛇の列ができていたので、立ってるのも辛くて断念。ガクガクの膝で更衣室に向かったのが、ちょっと残念でした。

天気も良くて楽しかった。皆さん、お疲れさまでした。

f:id:beach-village:20160408002301j:plain