読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き

歌舞伎、着物、その他いろいろ。傾いたり傾かなかったりな出来事あれこれ。

ダブリン⑥ 素敵な町、ダブリン【最終回】

コンパクトな町、ダブリン。電車やバスは使わずに歩いて回りました。

運河沿いの家々。人々の生活が見えるような家並みが続いていました。

f:id:beach-village:20170121202949j:plain

f:id:beach-village:20170121203012j:plain

f:id:beach-village:20170121203608j:plain

街の中心にあって、市民の憩いの場となっています。St.Stephen's Green

f:id:beach-village:20170121203144j:plain

木の上にリスを見つけました。

f:id:beach-village:20170121203154j:plain

街並みに溶け込むスタバを見つけました。

f:id:beach-village:20170121203307j:plain

街のいろんな表情。

f:id:beach-village:20170121203715j:plain

f:id:beach-village:20170121203655j:plain

f:id:beach-village:20170121203643j:plain

お名残惜しいけど、帰る時間です。3泊の滞在はあっという間に過ぎてしまいました。

12月31日 15:20発エアリンガス1172便にてロンドン・ヒースロー空港に向かいます。日本はもうすぐ新しい年を迎えようとしていました。

f:id:beach-village:20170121203824j:plain

機体のシャムロック(三つ葉のクローバー)はアイルランドのシンボル。エメラルド・グリーンのアイルランド・カラーを目に焼き付けておきました。

駆け足で歩き回ったダブリンですが、時間の流れはのんびりと。思ったほどものすごく寒くはなかったけど、冬のダブリンは寒くて、薄暗い。でも、ダブリンで出会った人たちは皆、どことなく穏やかで温かい。ほんのり春のような温もりを感じたのでした。

また来たいな。今度は夏のダブリンも見てみたい。

 

ということで、6回に分けて書いてきましたダブリンの旅は、これにておしまい。次に行くときにぜひ行ってみたい蒸溜所がいくつかあるので、次回はウイスキーメインで行きたいと思っています。いつになるか分かりませんが、次回をぜひお楽しみに!

 

【完】