読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き

歌舞伎、着物、その他いろいろ。傾いたり傾かなかったりな出来事あれこれ。

ダブリン⑤ ジェムソン、アイリッシュ・コーヒー

ダブリン2016 Dec

f:id:beach-village:20170118210827j:plain

ここはMespil Hotelのグランド・フロア。エレベーターを降りると白い扉が。

子どもたちがベッドにもぐりこんで、ようやく22時になろうか、というタイミングで部屋を抜け出し、ホテル1階のラウンジ、その名も「THE LOUNGE」へ。

扉を開けると、おとなタイムの始まりです。

f:id:beach-village:20170118211320j:plain

カウンター越しには、お酒のボトル達が賑やかに並んでいます。何はともあれ、アイリッシュウイスキーの代名詞 Jameson でSláinte! (スロンチャ!=乾杯)。さすが一番売れてるアイリッシュウイスキー。クセのない飲みやすい味で、ほっとひと息。

f:id:beach-village:20170118212124j:plain

小腹が空いたので、サンドイッチを注文しました。何を挟むか聞かれたので「ツナとキュウリ」の定番で。パンはブラウンを指定しました。何の変哲もないサンドイッチですが、これが、なにげに美味しくてビックリ!

正直言うと、パンは日本の食パンのほうが柔らかくて、きっと美味しいし、キュウリだってザクザク厚めに切ってあるし、雑といえば雑。しかーし。この素朴さが良いのかもしれません。ウイスキーのお供に、モリモリ食べちゃいました。

お腹が落ち着いたところで、次のお酒は、これも定番。アイリッシュ・コーヒーを。アイリッシュ・コーヒーだから当然ウイスキーアイリッシュ。これはパディ(Paddy)のアイリッシュ・コーヒーです。

f:id:beach-village:20170120195027j:plain

アイルランドはコーヒーのレベルが高いのでしょうか。ウイスキーに負けない、深い味わいのコーヒーと、おそらく、たっぷり入ったウイスキー(でも、飲みやすい)が、お腹をふわっと温めてくれます。そして、この生クリーム!濃厚です。この濃厚さが深みのあるコーヒー&存在感のあるウイスキーに負けてない。それに、いずれもどれにも勝ってない。ウイスキー、コーヒー、クリームが三位一体となって絶妙のハーモニーで私を唸らせたのでした。

ギネス・ビールにも感動したけれど、アイリッシュウイスキーもまた、アイルランドで飲むと格別に美味しいのですね。いや、当然か。

カウンターからテーブル席を見ると・・・

f:id:beach-village:20170120200528j:plain

外からの入り口もあるのですが、宿泊客が殆どのようです。町のパブとは違って落ち着いた雰囲気。深い時間になるにつれ、少しずつ賑わってきました。

f:id:beach-village:20170120200546j:plain

夜はまだまだ長いのですが、今日のところは切り上げて、翌日、またアイリッシュ・コーヒーを飲むことにしました。

Jamesonのアイリッシュ・コーヒー。ほっこり。

f:id:beach-village:20170120201117j:plain

寒い季節にアイルランドで飲むアイリッシュ・コーヒー。格別でした。

 

に続く】